BLOG ブログ
ブログ
ブログ

SS-P3EXの特徴その二 多様な消臭メカニズム

悪臭の中には低濃度でアレルギーやシックハウスの原因となる物もあり、芳香剤ではとても解決することができません。

科学的に中和分解する方法では、酸性臭には強いですが、アルカリ臭は苦手です。その逆に、アルカリ臭に強いけど酸性臭は苦手という物が一般的です。

SS-P3EXには、消臭作用のある成分 (官能基) が複数含まれており、酸性臭、アルカリ臭(塩基) を問わず、幅広い生活臭を科学的に無臭化していきます。

具体例を幾つか列記いたします。

* -OH (ヒドロキシル基)+NH3 (アンモニア) ⇒ 0-NH4.(無臭成分)
* -NH2(アミノ基) +HCHO (ホルムアルデヒド) ⇒ R-N=CH2 ーH20 (無臭成分)
* >NH(2級アミノ基)+ H2S (硫流化水素) ⇒ >N+-HH (無奥成分)
* -NH2(アミノ基) +CH3C00H (低級脂肪酸) ⇒ R-NHCOCH3 +H20 (無臭成分)
* -COOH(カルポキシル基)+NH3 (アンモニア) ⇒ -COONH4(無臭成分)